コンテンツ一覧へジャンプ
千葉県勝浦町
トップページへ サイトマップ
市の紹介
行政情報
くらしの情報
防災情報
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ部署一覧農林水産課農林係
農林水産課農林係
p. 1/1
既定
日付 検索
勝浦市では獣肉処理加工施設「ジビエ勝浦」において処理加工されたイノシシ肉について、県の「出荷・検査方針」に基づき全頭放射性物質検査を実施し、安全が確認されたイノシシ肉のみを出荷しています。
優良農地の確保のため、「農地法」による農地転用許可制度と併せ、「農業振興地域の整備に関する法律」に基づく農業振興地域制度が設けられています。
具体的には、都道府県知事が農業振興地域整備基本方針を策定するとともに農業振興地域を指定し、これに基づき市町村が農業振興地域整備計画を策定することとしています。
 「鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律」(鳥獣被害防止特別措置法)が、平成20年2月21日に制定されました。市では、イノシシ、シカ、サルなどによる農作物などの被害が増加しています。
 鳥獣による農林水産業などに係る被害を防止するため、勝浦市鳥獣被害防止計画を策定しましたので、法律第4条第8項に基づき公表します。
農林産物の被害防止対策として、市内の山林において野生鹿などの駆除を実施します。この駆除には猟銃を使用するため、危険ですので実施区域の山林に立ち入らないようご協力をお願いします。
市では、農業者以外の方が野菜や花などを栽培して、自然にふれ合うことで、農業・農村に対する理解を深めていただけるよう、大楠(おおくす)地区に市民農園『勝浦市大楠交流農園』を平成20年4月1日に開設しました。
市では、平成21年度・平成22年度の2ヵ年で補助金制度を利用し、市内上野地区において耕作放棄地を再生利用し、水稲(米粉用米)を作付けしました。
収穫された米粉は、パンに加工し市内イベントで配布し、いんべやぁフェスタにおいて、耕作放棄地及び米粉に関するアンケートを実施しました。
平成27年7月19日、静岡県において獣害対策用電気柵との接触による死亡事故が発生しました。
電気柵は有害鳥獣による被害防止等の目的で設置されているものであり、インターネットやホームセンター等で容易に入手することができますが、適切な方法で設置しないと人に重大な危害を及ぼす恐れがあります。
電気柵の設置者は、適切な感電防止対策を講じてください。また、電気柵を見掛けたら近付かないようにしましょう。
国や県では、人家や病院、学校、道路等の公共施設などに直接被害がおよぶ恐れがある地区を調査し基準以上のものを山地災害危険地区として把握しています。危険地区付近にお住まいの方は、災害時、特にご注意ください。
勝浦ダムが決壊してから60分後のハザードマップです。なお平成25・26年度耐震性能照査業務にて「安全である」と判断されております。
 
 
 農業生産条件が不利な状況にある中山間地域等における農業生産の維持を図りながら、多面的機能を確保するために平成12年度から導入されたのが、中山間地域等直接支払制度です。
 販売価格が生産費を恒常的に下回っている作物を対象として、その差額を交付することにより、農業経営の安定と国内生産力の確保を図るとともに、食料自給率の向上と農業の多面的機能の維持を目指しています。
p. 1/1
既定
日付 検索
担当部署別情報
農林水産課農林係