千葉県勝浦町
トップページへ サイトマップ
市の紹介
行政情報
くらしの情報
防災情報
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ市の紹介歴史・文化財勝浦城址
 
2012年12月13日 更新
印刷用ページを開く
勝浦城址
勝浦城址
マップ
 八幡岬の先端三方海に臨んだ断崖に勝浦城址があります。築城時期については様々な伝承がありますが、城郭の形態をなしたのは、正木時忠からではないかと考えられます。それ以前は真里谷武田氏の出城か砦であったと考えられます。正木時忠がいつ侵攻してきたのかは不明ですがおおよそ天文8年(1539年)から天文10年(1541年)にかけてではないかと考えられています。
 正木氏は時忠から時通・頼忠と続きますがが天正18年(1590年)小田原落城により関東が徳川家康の支配下に置かれるとほどなく植村泰忠に接収されることになります。
 現在、郭内、木戸脇、内宿、二のくら(廓)、三のくらなどの地名は残っていますが廓跡も八幡岬公園として生まれ変わり、お万の方の銅像が青い太平洋を見つめています。
交通機関 JR勝浦駅より徒歩20分
場所 勝浦市浜勝浦字郭内
連絡先 社会教育課:社会教育係
TEL:0470−73−6665(直通)
時期 一年中
料金 無料
定休日 なし
駐車場 あり
その他  
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

社会教育課社会教育係
〒299-5292 千葉県勝浦市新官1343番地の1
Tel: 0470-73-6665  Fax: 0470-73-9066
E-Mail: こちらから