千葉県勝浦町
トップページへ サイトマップ
市の紹介
行政情報
くらしの情報
防災情報
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ市の紹介移住定住・空き家バンク「地域おこし協力隊」 沼尻 亙司(ぬまじり こうじ)さんに委嘱
 
2013年4月1日 更新
印刷用ページを開く
「地域おこし協力隊」 沼尻 亙司(ぬまじり こうじ)さんに委嘱
■「地域おこし協力隊」って?
「地域おこし協力隊」制度は、総務省が平成21年度から取り組んでいる事業で、条件不利地域等の地方公共団体が、都市地域から地域の活性化に意欲のある人材を「地域おこし協力隊」として受け入れ、地域課題の克服とともに本人の定住化を図ろうというものです。
■活動目的は「定住促進による地域活性化」
 勝浦市では「地域おこし協力隊」制度を活用し、人口減少、少子高齢化の進む本市において、新規移住者の誘致促進や、地元市民の定住化等による地域活性化を活動目的として、沼尻亙司さんに「地域おこし協力隊」の隊員を委嘱しました。(昨年度に引き続き平成26年度も委嘱しました。)
■沼尻亙司さんってどんな人?
出身地:千葉県船橋市
生まれ:昭和56年

 沼尻さんは平成25年3月まで地域情報誌「月刊ぐるっと千葉」の編集チーフとして、企画・取材・撮影・執筆・誌面レイアウトなどを手がけていました。また、旅行会社での勤務経歴もあり、ツアーの添乗員もされていました。これらの経験による知識やネットワークを活かした活動に期待しています。
■キーワードは「かつうらしさ」
 「地域おこし協力隊」の選考にあたって沼尻さんから勝浦における活動への熱い想いや、地域活性化への具体的な取り組みの提案をいただきました。
 沼尻さんの活動コンセプトは「かつうらしさづくり」。「人と人とのつながり、食とのつながり、自然とのつながり、歴史や文化とのつながり…」、そのつながり合う地域の姿こそが勝浦らしさ=「かつうらしさ」であり、この「かつうらしいつながり」の輪をさらに広げるような取り組みをしたいとのことです。
■まずは自らが勝浦とつながる!
4月1日より住まいを墨名から市野川の古民家に移し、より地域に入り込み頑張ります!
引き続きKAPPYビジターセンターを拠点に活動しますので、お気軽にお立ち寄りください。
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

企画課地域活力推進係
〒299-5292 千葉県勝浦市新官1343番地の1
Tel: 0470-73-6654  Fax: 0470-73-9066
E-Mail: こちらから