千葉県勝浦町
トップページへ サイトマップ
市の紹介
行政情報
くらしの情報
防災情報
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報介護保険介護保険65歳以上の方の保険料
 
2015年4月16日 更新
印刷用ページを開く
介護保険65歳以上の方の保険料
介護保険料の算定
 3年ごとに策定する介護保険事業計画における介護給付費見込額の22%分を第1号被保険者の人数で割ることにより、第1号被保険者(65歳以上の方)1人あたりの平均保険料となる「基準額」を設定します。第6期(平成27年〜29年度)の基準は、58,800円となります。
 この「基準額」をもとに前年の所得等や世帯状況(4月1日又は資格取得日現在)に応じて9段階の保険料が定められています。
 なお、低所得者に対する保険料軽減措置があります。
第6期事業計画の介護保険料
対象者 保険料率 年間保険料額 (円)
・生活保護を受給している方
・世帯全員が市民税非課税で老齢福祉年金を
 受給している方
・世帯全員が市民税非課税で前年の課税年金
 収入額と合計所得金額の合計が年間80万
 円以下の方
基準額×0.45   26,460
・世帯全員が市民税非課税で前年の課税年金
 収入額と合計所得金額の合計計が80万円
 超120万円以下の方
基準額×0.75 44,100
・世帯全員が市民税非課税で前年の課税年金
 収入額と合計所得金額の合計が120万円
 を超える方
基準額×0.75 44,100
・世帯の誰かに市民税が課税されているが本
 人は市民税非課税で前年の課税年金収入額
 と合計所得金額の合計が年間80万円以下
 の方
基準額×0.9 52,920
・世帯の誰かに市民税が課税されているが本
 人は市民税非課税で前年の課税年金収入額
 と合計所得金額の合計が年間80万円を超
 える人
       
基準額 58,800
・本人が市民税課税で前年の合計所得金額
 120万円未満の方
基準額×1.2 70,560
・本人が市民税課税で前年の合計所得金額
 120万円以上の方
基準額×1.3 76,440
・本人が市民税課税で前年の合計所得金額
 190万円以上の方
基準額×1.5 88,200
・本人が市民税課税で前年の合計所得金額
 290万円以上の方
基準額×1.7 99,960
保険料の納付方法
65歳以上の方の介護保険料は、原則として年金から納めます。受給している年金額によって納め方が、2種類に分かれています。 
老齢・退職(基礎)・遺族・障害年金が
年額18万円(月額15,000円)以上の方
老齢・退職(基礎)・遺族・障害年金が
年額18万円(月額15,000円)未満の方
特別
徴収
年金の定期支払い(年6回)の際に介護保険料があらかじめ差し引かれます。
普通
徴収
納付書で直接金融機関などに納めます。(年7回)
4・6・8月に前年度2月の保険料額と同額を 納め(仮徴収)、10・12・2月に決定した年間保険料から仮徴収額を差し引いた額を分けて納めます。
※各期保険料が均等になるよう6・8月徴収額を変更することがあります。
口座振替をご利用されますと、納期毎に
金融機関に行く必要がなく便利です。
 
 
【納期一覧表】 
 
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
特別
徴収
1期
 
2期
 
3期
 
4期
 
5期
 
6期
 
普通
徴収
 
 
 
 
1期
2期
3期
4期
5期
6期
7期
 
特別徴収開始時期の複数化について(平成18年10月以降)

介護保険制度の改正により、特別徴収対象者の把握回数を年1回から複数回に増やすことにより、65歳になったばかりの方でも早い時期から特別徴収を開始できるようになりました。

<対象者基準日>
<特別徴収開始月>
4月1日現在
10月支給年金
6月1日現在
翌年4月支給年金
8月1日現在
10月1日現在
12月1日現在
翌年6月支給年金
2月1日現在
翌年8月支給年金

※年金の確認状況などにより、開始時期が異なる方もいます。

こんなときは、年金を受給していても普通徴収となります
◇年度途中で65歳になられた方または、勝浦市に転入した方
 年度途中で65歳を迎えられた方は誕生日の前日の属する月から、転入した方は転入日の属する月から、月割で計算した保険料を納付します。また、特別徴収(年金からの天引き)が開始されるのは翌年度以降となります。

◇資格喪失された方(転出、死亡など)
 年度途中に転出または、亡くなられたことにより第1号被保険者ではなくなられた場合、資格を喪失した月の前月分までの保険料が賦課されます。

◇本人または、同世帯の方の所得状況に変更があり、保険料額が変更した方
 当初より特別徴収の方は、既に特別徴収額を日本年金機構(旧社会保険庁)などに依頼しており金額の変更ができないことから保険料が減額された場合は、勝浦市から日本年金機構(旧社会保険庁)などへ天引きの中止依頼を行い、年間保険料に対して不足が生じる場合は普通徴収により納付することになります。一方、増額された場合は、特別徴収されながらその増額分を普通徴収で納付することになります。

◇年金の差止を受けた場合や、年金の受給権を担保に借り入れをしている年金からの天引きが中止された方
 住基ネットまたは、届け書などによる現況確認がとれずに年金が差し止められている場合や年金の受給権を担保に借り入れをしている方で差引かれる介護保険料未満となった場合は、特別徴収(年金からの天引き)が中止されますので、普通徴収となります。

◇今年度10月の年金から特別徴収(年金からの差し引き)が開始する方
 10月から特別徴収が開始する方は、翌年度以降の各期特別徴収額がほぼ同額になるよう特別徴収が始まる前に納期を設け、第1期(8月)と第2期(9月)に普通徴収で納付します。
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

介護健康課介護保険係
〒299-5292 千葉県勝浦市新官1343番地の1
Tel: 0470-73-6617  Fax: 0470-73-4283
E-Mail: こちらから