千葉県勝浦町
トップページへ サイトマップ
市の紹介
行政情報
くらしの情報
防災情報
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報福祉子ども・子育て支援新制度について勝浦市子ども・子育て支援事業計画
前のページへ 
2015年10月8日 更新
印刷用ページを開く
勝浦市子ども・子育て支援事業計画
計画の背景
 近年、少子化の進行や世帯規模の縮小により、家族構成の変化や地域のつながりの希薄化が顕著となっており、子育てへの不安感や孤立感を抱いている子育て家庭が多くなってきています。
 また、女性の社会進出による低年齢児保育ニーズの増大や、若い子育て世代が抱える育児不安、更には子育て以前に子どもを持つということへの意識の低下等、子ども子育てをめぐる環境は、社会情勢とともに大きく変わりつつあります。
一方、国ではこれまで平成15年に制定された「次世代育成支援推進対策法」に基づき、少子化対策としての総合的な子育て支援を進めてきました。
 更に、子ども・子育てを取り巻く社会情勢の変化を受け、平成22年の「子ども・子育てビジョン」の閣議決定、子ども・子育て新システム検討会議の設置を皮切りに、新たな次世代育成支援のための包括的・一元的なシステムの構築について検討を始め、その後、平成24年には、子育てをしやすい環境を地域や社会全体で支援し構築することを目的とした「子ども・子育て関連3法」が制定されました。
 この3法に基づいて平成27年度から施行される新たな子育て支援の仕組み、「子ども・子育て支援新制度」では、「子どもの最善の利益」が実現される社会を目指すとの考えを基本に、(1)質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供、(2)保育の量的拡大・確保、教育・保育の質的改善、(3)地域の子ども・子育て支援の充実に取り組むこととなっています。
 本市では、これまで平成21年度に「勝浦市次世代育成支援後期行動計画」を策定し、『明るく元気な「子どもと笑顔」があふれる街』を目指して、子どもの健全育成のみならず、保護者である親・家庭の支援、更にそれを支えることのできる地域づくりを目標に、市民、地域、関係機関、行政の協働による子育て環境の整備に取り組んできました。
 子どもは、まちの次の時代を担うかけがえのない存在であり、子どもが安心して育つことができる環境、また、子どもを安心して生み育てることができる環境を整備していくためには、地域社会全体で子育てを支えていくことが重要であるという認識が、次世代計画策定時から不変でありますが、一方でそのための更なる支援強化の必要性、社会情勢を踏まえ、国の新制度に対応した支援の在り方を再構築する必要があります。
 こうしたことから、今後、国の新制度のもと、市民に適切なサービス支援を展開することで、子どもの健やかな育ちと、子育てを社会全体で支援する環境を整備することを目的に、「勝浦市子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。
計画期間
平成27年度から31年度(5か年計画)
根拠法令
子ども・子育て支援法
子ども・子育て支援事業計画・子育て支援ニーズ調査報告書
PDFファイルはこちら
(kodomokososatesiennjigyoukeikaku2015.pdf: 2720k)
(kosodatesiennni-zutyousa2014.pdf: 2201k)
本文終わり
前のページへ ページのトップへ

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

福祉課児童係
〒299-5292 千葉県勝浦市新官1343番地の1
Tel: 0470-73-6618  Fax: 0470-73-4283
E-Mail: こちらから