千葉県勝浦町
トップページへ サイトマップ
市の紹介
行政情報
くらしの情報
防災情報
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報税金過疎地域における固定資産税の特例措置(課税免除)について
 
2016年10月28日 更新
印刷用ページを開く
過疎地域における固定資産税の特例措置(課税免除)について
勝浦市は、過疎地域自立促進特別法に基づく過疎地域に指定されたことを受け、「勝浦市過疎地域における固定資産税の特例措置に関する条例」を制定しました。
この条例に基づき、一定の要件を満たす設備(建物及び付属設備、機械及び装置等)及び建物の敷地である土地を取得した場合には、それに係る3箇年度分の固定資産税の免除を受けることができます。
1.課税免除を受けることができる要件及び対象
(1)対象業種:製造業、農林水産物等販売業、旅館業(下宿営業を除く)。
(2)対象取得価格:特別償却施設等で、新たに取得した額の合計が2,700万円を超えるものを新設又は増設した場合。
(3)対象の設備・施設等
 ・土地:取得の日から起算して1年以内に当該土地を敷地とする設備等である建物の建設着手があった場合で、当該事業の供する建物の垂直投影部分。
 ・家屋:製造業、情報通信技術利用事業、旅館業(下宿営業を除く)の用に供されている部分。
 ・償却資産:既存設備の更新は、更新前に比べ生産能力等が概ね30%以上増加する場合で、その増加分。
2.課税免除等の申請手続き
3月25日までに課税免除申請書を税務課に提出して下さい。
 


3.関連情報

本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

税務課資産税係
〒299-5292 千葉県勝浦市新官1343番地の1
Tel: 0470-73-6624  Fax: 0470-73-4283
E-Mail: こちらから