千葉県勝浦町
トップページへ サイトマップ
市の紹介
行政情報
くらしの情報
防災情報
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報保健乳がん・子宮頚がん検診を受けましょう!
 
2015年4月2日 更新
印刷用ページを開く
乳がん・子宮頚がん検診を受けましょう!
 市では10月23日(水)、24日(木)、26日(土)の3日間、乳がん・子宮頸がんの集団検診を実施します。
「コワい!」「イタイ!」「面倒くさい!」そんな理由からがん検診を避けていませんか?
 女性の心身の健康には、女性ホルモンが大きくかかわっています。女性ホルモンはライフステージによって変化していくものであり、年代によって気を付けたい症状や病気も異なります。小さな変化を見逃さないためには、まず自分の体を知ることが大切です。
 日本人女性は今や長寿世界一。「まだ若いから」と安心せず、「もう歳だから」とあきらめず、1年1回、自分の体のために時間を作ってください。

・乳がんは11人に1人がかかる可能性があります。
 乳がんは、がんの中でも日本人女性がかかる割合がトップであり、女性のがん罹患全体の20%を占めます。
年齢階級別罹患率でみた場合、30歳代から増加をはじめ、発症のピークは40歳代後半から50歳代前半であり、働き盛りの女性を襲います。
・子宮頸がんは20〜30歳代で増加!
 年齢別に見た子宮頸がんの罹患率は20歳代後半から40歳前後まで高くなります。近年、罹患率、死亡率ともに若年層で増加傾向にあります。
【参考】国立がん研究センターがん対策情報センター
勝浦市女性のためのがん検診の実施について
市では下記の日程で乳がん・子宮頸がんの集団検診を実施します。

 なお、1日あたりの検診人数に限りがあることから「完全予約制」で実施します。受診される場合は、必ず事前に予約が必要となりますのでご注意ください。
 混雑緩和のためご協力をお願いいたします。

1.対象者
 子宮頸がん検診:20歳以上
 乳がん検診  :30歳以上

2.検診方法
 子宮頸がん検診:子宮頸部の細胞を専用ブラシで採取し、異常な細胞がないかを調べます。
 乳がん検診  :年齢によって下記のとおりとなります(年齢は令和2年4月1日時点)。
 ○超音波(エコー)検査
  30〜39歳、43、45、47、49歳
 ○マンモグラフィ検査
  40、42、44、46、48歳
  50歳以上
  41歳(がん検診無料クーポン対象者)
 ※疾患等のため、マンモグラフィ検査が受けられない方は、超音波検査に変更できますので、事前にお申し込みください。

3.検診料金
 ・子宮頸がん検診:500円
 ・乳がん検診  :500円
 ※後期高齢者医療被保険者、生活保護世帯に属する方は無料となります。

4.持参するもの
 @受診票(必ず事前にご記入してください。記入は鉛筆でお願いします)
 A「2019年度乳がん・子宮頸がん検診予約票」
 B検診料金
 C健康手帳(お持ちの方)
 Dマイカード(お持ちの方)

5.日程・受付時間及び会場
 会場:勝浦市芸術文化交流センター(キュステ)※勝浦市役所に隣接する文化会館です。
 日程及び受付時間 ※乳がん・子宮頸がん検診ともに予約が必要です。必ず事前に予約されますようお願いいたします。
 10月23日(水) 9:30〜11:00
          13:00〜14:30

 10月24日(木) 9:30〜11:00
          13:30〜15:00(他の日と時間が異なるのでご注意ください)

 10月26日(土) 9:30〜11:00
          13:00〜14:30

6.申し込み方法
 乳がん・子宮頸がん検診の受診を希望される方は市民課健康管理係の窓口、または電話(0470-73-6614)までご連絡ください。
 なお、昨年度乳がん及び子宮頸がん検診をを受診された方、既にお申込みいただいてる方、クーポン券対象者の方には事前に受診票及び予約票を発送いたします。

7.検査結果について
 検査結果は概ね1ヶ月後に、個別に通知(郵送)します。
 要精密検査となった場合は、早めに精密検査を医療機関で受けてください。

8.注意事項
・受診票裏面の注意事項を必ずご一読ください。
・検診車両の乗り降りに介助が必要な方は事前にご相談ください。
・お子様を連れて受診される方は、検診中はスタッフが対応しますので、遠慮なくご相談ください。
(1)子宮頸がん検診の注意事項
@下着を脱ぎ、診察台にあがりますので、スカート等を着用してください。
A性経験のない方は、裂傷や出血などの危険性が高く治療が必要となることがありますので、個別検診をお勧めします。
B子宮全摘出手術を受けている方は、医療機関での受診が望ましいので個別検診をお勧めします。
C市の検診では子宮体がん検診は行っていません。
(2)乳がん検診の注意事項
次の@〜Eの項目に1つでも該当する場合は医療機関での受診をお勧めします。
@現在、乳房の病気で医療機関に受診中または経過観察中である。※市の集団検診を受診する場合は主治医の許可が必要となります。
A乳がんの既往歴がある。
B自覚症状(しこり・乳頭分泌など)がある。
C豊胸手術を受けた、または除去して1年経っていない。
Dマンモグラフィ検査を受ける方で、妊娠中または妊娠の疑いがある。
Eマンモグラフィ検査を受ける方で、胸部にシャント・ポート・ペースメーカーなどを挿入している。


子宮頸がん個別検診について
実施期間:令和元年10月1日(火)〜令和2年2月29日(土)
実施医療機関
○塩田病院 勝浦市出水1221 電話:0470-73-1221
      水曜日の午前中のみ  受付時間:午前9:00〜11:00
○もりかわ医院 いすみ市美岬町長者177 0470-87-3347
      午前:月〜土     受付  9:00〜11:30
      午後:月・火・金・土 受付 14:30〜16:30
持ち物 
@保険証 
A検診料金:1,000円(後期高齢者医療被保険者、生活保護世帯に属する方は無料となります)
※集団検診用の受診票では個別検診は受診できませんのでご注意ください。
個別検診の受診票は各医療機関にあります。 
10月は「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」です。
令和元年10月1日(火)〜31日(木)までの1カ月間をがん検診への関心を深め、重要性を理解してもらうため、「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」とします。
 がんは昭和56年より日本での死因の第1位となっています。
 平成27年には年間37万人ががんにより亡くなっており、今後とも人口の高齢化に伴い死亡者数の増加が見込まれます。
 がんによる死亡者数を減少させるためには、早期発見・早期治療が重要となります。
「がん検診受診率50%以上」を目標に掲げ、その達成に向けての取り組みを進めるため、キャンペーン月間を設け国民にがん検診への理解を深め、その重要を理解してもらいます。
 
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

市民課健康管理係
〒299-5292 千葉県勝浦市新官1343番地の1
Tel: 0470-73-6614  Fax: 0470-73-4283
E-Mail: こちらから