本文
サイトの現在位置
2014年7月31日 更新 印刷用ページ印刷用ページを開く
覚翁寺
覚翁寺の写真
地図

 勝浦朝市の歴史を示す定書が奉納されていて、勝浦藩主であった植村家の菩提寺。寛永11年(1634年)勝浦城主植村泰勝が死去した時、勝浦城内にあった浄林寺をここに移し、泰勝の幼名覚翁丸をとって出水山覚翁寺としたという。
 境内には植村氏三代泰朝、四代忠朝、五代正朝の墓宝筺印塔(ほうきょういんとう)があり、市指定文化財となっています。また、本堂には江戸彫刻の名人といわれている通称・波の伊八(武志伊八郎信由)の欄間が残されています。

交通機関 JR勝浦駅から徒歩15分
場所 勝浦市出水1297
連絡先 TEL:0470-73-3115
時期 一年中
料金 無料
(10名以上の団体は案内料1人300円)
定休日 なし
駐車場 なし
その他 境内にはには有名な清水茶水井が
あり俗に茶寺と呼ばれています。

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
生涯学習課生涯学習係
住所:299-5292 千葉県勝浦市新官1343番地の1
TEL:0470-73-6665
FAX:0470-73-9066