本文
サイトの現在位置
2013年12月20日 更新 印刷用ページ印刷用ページを開く
つつが虫病の予防について
つつが虫病は、ダニの一種であるつつが虫に刺されることで感染します。発熱、発疹、刺し口などが主な症状です。

例年、秋から初冬にかけダニの活動期を迎え、夷隅郡市内でつつが虫病が頻発しています。

【予防するためには】

1.農作業をする時や、河川敷や林のヤブの中に入るときは、素肌の露出を避けるため、長袖、長ズボン、長靴、手袋などを着用しましょう。

2.上着を脱いで草むらに置いたり、腰をおろしたり、寝ころんだりしないようにしましょう。

3.肌の出る部分は、虫よけスプレーを使いましょう。

4.作業後にはなるべく早めに入浴して体をよく洗い、衣類は洗濯して、ダニを洗い流しましょう。

5.発熱、発疹、全身のだるさなどが認められる場合は、早めに医療機関で受診して下さい。
発病のの1~3週間前に農作業をしたり、ヤブに立ち入った場合はそのことを医師に話しましょう。

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
市民課健康管理係
住所:299-5292 千葉県勝浦市新官1343番地の1
TEL:0470-73-6614
FAX:0470-73-4283