本文
サイトの現在位置
2021年10月1日 更新 印刷用ページ印刷用ページを開く
高齢者のインフルエンザ予防接種費用への助成について
高齢者などの方がインフルエンザの予防接種を受けるにあたり助成を行います。

インフルエンザについて

例年初冬から春先にかけて流行する季節性のインフルエンザは、38度以上の高熱、筋肉痛・関節痛や全身倦怠感などを主症状とするインフルエンザウイルスによる感染症です。
くしゃみ・せきなどによる飛沫や接触などにより感染し、短期間で症状が現れ、重症化したり、時に死に至ることもあります。
予防としては、外出時のマスク着用、まめな手洗い・うがいなどが効果的です。また併用して予防接種を受けることも有効であると言われており、流行する前に予防策をとることが大切です。
インフルエンザの予防接種は本人の意思に基づき受けることができますが、予防接種を受けることで7割から8割の方が感染を防ぐことができ、また発症しても軽い症状で治まることが証明されています。

【対象者】

○接種する日に満65歳以上の方 ※65歳になる前に予診票が届いていても誕生日を迎えてからの接種をお願い致します。
○接種する日に満60歳から64歳の方で、心臓・腎臓・呼吸器に重い病気のある方、及びヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害があり身体障害者手帳1級に該当する方
※該当する方には予診票(用紙上部に水色のライン)を送付しています。
 また、予約済でお手元にまだ予診票がない場合は、市内医療機関については予診票の予備がございますので、ご利用ください。

【助成について】

【実施期間】 10月1日~12月末まで
       ※但し開始日及び終了日(12月末)については医療機関の開院日によりますので医療機関にお問合せ下さい。
     
インフルエンザ予防接種は 1回のみ が助成の対象となりますのでご注意ください。
※短期間のうちに複数回接種した場合、副反応の恐れがあります。

助成金額 2,000円(生活保護世帯の方は接種費用全額無料)
 送付した予診票(用紙上部に水色のライン)を医療機関に提出することで、助成額を差し引いた金額で予防接種を受けることができます。会計の時点で助成を受けていることになりますので、接種後に市役所に提出するものはありません。
 また、市の予診票を使わず、予防接種した場合は助成の対象とはなりませんのでご注意ください。

接種場所 市内の医療機関または千葉県内相互乗り入れ協力医療機関
     ワクチンの在庫などの関係から、医療機関には事前に連絡(予約)してください。
     ※千葉県内相互乗り入れ協力医療機関については医療機関にて確認をお願いします。 

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
市民課健康管理係
住所:299-5292 千葉県勝浦市新官1343番地の1
TEL:0470-73-6614
FAX:0470-73-4283